• オールインワンゲルに含まれる成分について

    手早くスキンケアができると人気が高まり、新たな商品が次々と増えているオールインワンゲル。


    化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック等の効果が一つに詰まっているのが最大の魅力です。スキンケアにかける時間を短縮するだけでなく、スキンケアにかけるお金も節約できるというメリットも人気の理由でしょう。

    しかし、一部では「肌に良くない」、「全てを一つに纏めるなんて不可能」という声も聞かれます。

    まず、最も多くある意見が「肌に良くない成分が含まれている」ということです。

    オールインワンゲルサイトが一番おすすめです。

    実際に含まれている成分で肌に悪影響があるとすれば、界面活性剤、ポリマー、防腐剤等が挙げられます。

    これらの成分は実際に肌に負担をかけてしまう成分ですが、オールインワンゲルに限ったことではありません。



    他の化粧品、多くの乳液やクリームにも使用されている成分なのです。

    出始めの頃は肌に負担のかかる成分も配合されていましたが、今では研究・改良が進み、肌に優しく効果もあるものが増えています。

    付け加えると、防腐剤は効果が高いと言われる有名ブランドの化粧品にも豊富に含まれています。

    また、ライン化粧品のような役割分担が無い為、肌に浸透しないという噂もあります。
    ライン化粧品の場合は、化粧水で整肌した後に乳液を塗りクリームで保護するのですが、オールインワンゲルの場合は、化粧水のように一瞬で肌に吸収されるわけではないので、整肌の部分が弱いということはあるかもしれません。



    ただし、オールインワンゲルは長時間、肌を水分と美容成分で覆うことができるので、ゆっくりと浸透していき肌の潤いを保ちます。


    そのため、オールインワンゲルが肌に悪いとは言い切れません。
    他の化粧品に比べて肌に優しい成分が配合されていることも多いので、偏見に囚われず、成分をしっかりと見て、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切であると言えます。